インディーズ音楽専門サイト。米インディーズ音楽メディア最大手CMJ公式認定サイト。アーティスト情報満載!DIRTY VEGAS CDレビュー

CMJ JAPAN ミュージックリポーター募集中!
HOME
HOT INFO 新譜情報 ピックアップアーティスト VIDEO CLIP
ストリートカルチャー
FES IINFO ミュージックリポーター募集 掲示板
CMJ.COM
HOT INFO
CMJ JAPAN REPAINTS vol.10 〜Into The Groove!〜
「CMJ JAPAN
REPAINTS vol.10 〜Into The Groove!〜」が2005.9.28発売!!
CMJ JAPAN REPAINTS vol.9 〜 Girls’ Punch!〜
「CMJ JAPAN
REPAINTS vol.9 〜 Girls’ Punch!〜」が2005.7.27発売!!
CMJ JAPAN REPAINTS vol.8 〜Punk After Punk!〜
「CMJ JAPAN
REPAINTS vol.8 〜Punk After Punk!〜」が2005.5.28発売!!
ミュージックリポーター募集!! あなたもCMJ JAPANのサポーターになれる!
>>最新情報一覧
FES INFO
CMJ25 NYC05
HOME新譜情報DIRTY VEGAS CDレビュー
DIRTY VEGAS CDレビュー
「One」/DIRTY VEGAS
「One」/DIRTY VEGAS
「One」/DIRTY VEGASをAmazonから購入
Dirty Vegas(バンドはアメリカでは2002年のデビューアルバムより三菱の[車の]コマーシャルで有名だった)を活発にしたダンス・ポップ方式を半分にするという深い過ちを犯して、メンバーは明らかに「dirty」でも「Vegas」でもないサウンドで戻ってきた。

すぐにうんざりする様になった(そして傑出したカージャム「Days Go By」より良くなる事がなかった)「Ray of Light」のごみの様なヨーロッパのクラブのお決まりの素材はGwyneth Paltrowの映画からのもの---実際は「Sliding Doors」や「Great Expectations」の路線の良い感じのものに置き換えられた。

レコードを通してほとんど同じドラムビート(Dirty Vegasのハウスの時期からの残り物)によって、「One」はキャンディーやおそらくGwyneth Paltrowのロマンスの様に、楽しいけれどそれと同時に忘れ去られ易い「イージー」なアルバムである。外見上の例外は、シンガーのSteve SmithがGallagher-brotherのマネを試みていて、うまくやっている感じの「Closer」である。

しかし問題なのはバンドの今回の姿勢が、味方になるトリックやタイムリーなトレンドなしで、あまりにも気まぐれであいまいである事である。2002年は「Days Go By」はホットであったし(三菱の他のヒット、テレビのポップミュージック「Breathe」があった事を思い出さなくてはならない)、全てのダンスのナンセンスにもかかわらず、ミステリアスで控えめで適当にクールであった。

その当時は「Dirty Vegas」という名前は合っていたようだ。今は(Dirty Vegasの)音楽はあまりにも注意深くリハーサルを重ね、恥知らずにメロディックで、熱心すぎて満足できない。言い換えれば「cool」の反対である。
サイトマップ お問い合わせ
広告掲載 リンク
会社概要 CMJ.COM
FX初心者向け必勝講座心理カウンセリングルーム(東京)サジー痔(ぢ)のお悩みならいーじーnet